いろんなこといろいろ

シンガ ハワイ スニーカー ラーメン etc.

NIKE DUNK の Pants とのコーディネートにおける考察  〔売れ残りにこそ価値がある〕

 

ナイキ SB ダンク LOW エリート 'OSKI'

f:id:iroirocolorful:20170806094434j:plain

   877063-001  プロパー¥16200 → ¥ 9072 (ご存知 NIKE.COMで)

 

   ここまで ↓ お得感のある値引きではないですが

iroirocolorful.hatenablog.com

 最終的にアメリカのアウトレットで $59 くらいで売られそうな予感。。

日本の .COM にはもはや小人サイズしか残っていない模様

が、いきなり大量在庫が復活して叩き売りになるパターンも多いのがナイキジャパンw

 

まあ、ハーフパンツはもっとも簡単なコーデ(※但し、靴下丈には注意!)

f:id:iroirocolorful:20170806095609j:plain

     ↑ 海に行ったわけでもないのに肌黒く写ってた。。   人様の車↑

 

     ↑「あれ?違うシューズ?」と思った方はお目が高い! ↓  そう!

f:id:iroirocolorful:20170806100347j:plain

  NIKE DUNK LOW  630358-141 white/sbsidian-varsity red 

  1999年発売(DUNK 最初の復刻版)

 

とても「良い味」が出ていると思います

これに古着(加工)のGパンなりを合わせれば無難にコーデ出来ます

が、今は私の好みではない・・

 

名前を出すのも臆するが、所ジョージ ダウンタウン浜田 奥田民夫?もそんな感じ(レッドウイング合わせだけど さまぁ〜ずもな

スタイリストに着せられてるだけ or キャラ付けなのかも知れんが「いい歳したオッサンがまたそんな格好?」「清潔感を感じられない」ので× 

f:id:iroirocolorful:20170806101611j:plain

 さて、このダンクは SB 且つ ELITE なのですw

 

「ヒールにこれまでよりも大きなNike Zoom Airを内蔵 着地の衝撃を和らげます」

だそうですが、正直、歩く分には効果の程は分かりませんw

f:id:iroirocolorful:20170806102447j:plain

オリジナルのダンクとは異なりインソールが取り外し可能 ↑ 単純にこれは良い

 

スウェーデン出身の若き精鋭、オスカー・ローゼンバーグがオレンジの髪の自画像をあしらった個性的なアートを描き」

だそうですが、思ったよりもこのインソールはクッション性が感じられないものでした。。

 

そもそも DUNK ってバスケットボール用に開発されたもので、底が厚め&まっ平ら

だから歩き難いんです(よくこれでバスケしてたなw流石 NMB じゃなかったw NBA

故にか、当初から(80年代)スケボー用シューズとして重宝されてしまったという

f:id:iroirocolorful:20170806103702j:plain

素材はメッシュ&ニット系テキスタイル&黒パーツは人工スエード調

 

「After one session and a couple terrible kickflips, the nylon started to fray and create holes.」

とレビューにありましたが、まあそうでしょうw

人工皮革のオリジナルダンクと異なりパーツ毎に縫製していないので脆そうです。。 

 

この DUNK のデザインとカラーコンビネーション(紺白 黒白)はもう定番中の定番なのでコーディネートし易いのにね~

昨今は猫も杓子も転売屋も「エアジョーダン」「VaporMax」ばかりですから・・・

f:id:iroirocolorful:20170807091915j:plain

つい先日リリースされた ↑「 SB ズーム ダンク HIGH エリート SKATE LONGER」

こちらは定価  ¥17820 にも関わらず即完売!

シカゴカラーってだけでこんなにも売れ行きが違うとは

 

デザイン、素材は同じもの

ハイカットで履きにくい、インナーブーツタイプなので通常サイズを選ぶとキツい、コーデも簡単ではない&履く人を選ぶのに ↓

f:id:iroirocolorful:20170807092735j:plain

足の長い外人さんでも微妙・・・(そういえばユニクロって外人モデルばかり使うよね~スタイルの良い外人が着ないと格好良く映えない服って事)